2017年01月01日

恭賀新年

0878.png
お健やかに新年を
 お迎えのことと存じます
本年が皆様にとって
 幸多き一年となりますよう
  心よりお祈りいたします

 平成二十九年 元旦
posted by 神之峰 風斎 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月01日

謹賀新年

0894.png

皆様の
 ご健康と 
ご多幸を
 心よりお祈りいたします

 平成二十八年 元旦
posted by 神之峰 風斎 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月01日

頌春

0024C (2).jpg
本年が皆様にとって
 良い年となりますよう
  心よりお祈り申し上げます

  平成二十七年 元旦
posted by 神之峰 風斎 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月01日

慶春

1819.jpg
新しい年を迎え
 皆様の御健康と御多幸を
心より
 御祈り申し上げます

 平成二十六年 元旦
posted by 神之峰 風斎 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月01日

謹んで新春のお慶びを申し上げます

3092.jpg
お健やかに新年を
 お迎えのことと存じます
本年のご多幸を心より
 お祈り申し上げます

 平成二十五年 元旦
posted by 神之峰 風斎 at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月01日

笑門来福

3003.png輝かしい新年をお迎えのことと
 お慶び申し上げます
皆々様のご多幸を
 心よりお祈りいたします

 平成二十四年 元旦
posted by 神之峰 風斎 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

恭賀新年

2121.jpg新しい年を迎え
 皆様の御健康と御多幸を
心より
 お祈り申し上げます

 平成二十三年 元旦
posted by 神之峰 風斎 at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

謹賀新年

新しい年がsinsyun.JPG
 より良い年となりますよう
心より
 お祈り申し上げます

今年は・・・ 

 復活だぁ!!!

 平成二十二年 元旦
posted by 神之峰 風斎 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

恭賀新年

恭賀新年新しい年を迎え
 皆様のご多幸を
心よりお祈り申し上げます

 
 平成二十一年 元旦
posted by 神之峰 風斎 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

『ドラゴンボール』実写映画版 クランクアップ!!

Emmy Rossumメキシコで撮影が行われていた『DRAGONBALL』(2009年3月日本先行公開 20世紀フォックス)。撮影終了を、ブルマ役のエミー・ロッサムが自身のブログで報告。

先日、公開延期(2008年8月15日から2009年4月3日へ)報じられた同作品。日本では2008年3月に先行公開となりましたが・・・延びたね!理由が、ベン・スティラー監督・主演のコメディ『Tropic Thunder』と『スター・ウォーズ』シリーズのアニメ映画『Star Wars: The Clone Wars』の公開日と重なるからとの事。う〜ん・・・弾かれたって事?小物扱いかぁ!?まあ、じっくりと作品を仕上げる時間が出来たと好意的に受け止める事として、ジェームズ・ウォン監督(48)には頑張ってもらいましょう。何しろ、原作の国である日本で、まず出来を問うわけですからねぇ!コケたら辛いわ。(笑)

【主なキャスト】
孫悟空 ジャスティン・チャットウィン(25)
ピッコロ大魔王 ジェームズ・マースターズ(45)
チチ ジェイミー・チャン(24)
ブルマ エミー・ロッサム(21)
ヤムチャ パク・チュニョン(27)
亀仙人 チョウ・ユンファ(52)
マイ 田村英里子(34)
王妃の紋章 チョウ・ユンファとコン・リー
そういえば、亀仙人役のチョウ・ユンファ出演の『王妃の紋章』(2008ねん4月12日公開)と、プロデューサーであるチャウ・シンチー(45)の『少林少女』(2008年4月26日公開)の公開が間近ですねぇ。歴史大作である『王妃の紋章』、そして柴咲コウが本格アクションに挑んだ『少林少女』。う〜ん・・・何れも興味深い。(^▽^)
少林少女 柴咲コウ
王妃の紋章 公式サイト
http://www.ouhi-no-monsho.jp/
少林少女 オフィシャルブログ
http://www.shaolingirl.jp/blog/


posted by 神之峰 風斎 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

浅野忠信残念! 第80回米アカデミー賞

一時は開催も危ぶまれた米アカデミー賞。24日(日本時間25日)、ロサンゼルスのコダックシアターにて、授賞式が無事行われた。

主演男優賞は、『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』のダニエル・デイルイスですかぁ。『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』のジョニー・デップは、またもや受賞ならず。残念!主演女優賞の方は、『エディット・ピアフ 愛の讃歌』のマリオン・コティヤール。う〜ん、何れも日本ではあまり知名度の無い方々ですねぇ。まあ、機会があれば各作品をチェックしてみますかねぇ。
モンゴル外国語映画賞部門のカザフスタン出品作『モンゴル』(セルゲイ・ボドロフ監督)は、惜しくも受賞ならず。浅野忠信を主演に迎え、日本では2008年4月5日公開のこの作品。カザフスタン、ロシア、ドイツ、モンゴルの4か国による合作で、なかなか力の入った作品のようなので、個人的には期待したいと思います。(^.^)

【第80回アカデミー賞受賞結果】
[作品賞]
『ノーカントリー』
[監督賞]
ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン (『ノーカントリー』)
[主演男優賞]
ダニエル・デイ・ルイス (『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』)
[主演女優賞)
マリオン・コティヤール (『エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜』)
[助演男優賞]
ハビエル・バルデム (『ノーカントリー』)
[助演女優賞]
ティルダ・スウィントン (『フィクサー』)
[オリジナル脚本賞]
『JUNO/ジュノ』
[脚色賞]
『ノーカントリー』
[長編アニメーション賞]
『レミーのおいしいレストラン』
[外国語映画賞]
『ヒトラーの贋札』 (ドイツ=オーストリア/ステファン・ルツォヴィッキー)
[美術賞]
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』
[長編ドキュメンタリー賞]
『「闇」へ』
[撮影賞]
『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』
[衣装デザイン賞]
『エリザベス:ゴールデン・エイジ』
[短編ドキュメンタリー賞]
“Freeheld”
[編集賞]
『ボーン・アルティメイタム』
[メイクアップ賞]
『エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜』
[音楽賞]
『つぐない』
[歌曲賞]
『ONCE ダブリンの街角で』“Falling Slowly”
[短編アニメーション賞]
“Peter & the Wolf”
[短編実写賞]
“Le Mozart des Pickpockets”
[音響効果賞]
『ボーン・アルティメイタム』
[録音賞]
『ボーン・アルティメイタム』
[視覚効果賞]
『ライラの冒険 黄金の羅針盤』

posted by 神之峰 風斎 at 02:55| Comment(2) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月23日

妻夫木聡が直江兼続役! 2008年大河ドラマ『天地人』

直江兼続所用甲冑謙信に学び、秀吉に愛され、家康を恐れさせた男―。
火坂雅志原作、2008年大河ドラマ『天地人』。主人公 直江兼続役を妻夫木聡(27)が演ず。

上杉謙信の下、景勝と共に“義”を学んだ兼続。豊臣の時代には、秀吉から“天下を任せるに足る男”と自らの配下に乞われ、豊臣の姓も授けられた。秀吉死後には、関が原の合戦を呼んだとされる“直江状”を家康に送った人物としても知られる。戦国の世にあって、甲冑の前立に“愛”(愛染明王もしくは愛宕権現からという説)に字を掲げ、生涯義を貫き、愛に生きた。また、上杉家が米沢三十万石へ減封となった際の改革は、後の上杉鷹山も手本としたとされる。

上杉家の武将が好きで、上越市や米沢市を訪れる事しばしば。『天地人』の大河ドラマ化に期待しておりましたが、妻夫木聡主演ですかぁ・・・良いかも!身長176cm程あったとされる兼続ですから、ちょっと小柄かなとは思いますが、誠実な感じは合っているように思いますね。期待しています!
8月に撮影開始ですかぁ。来年の放送までには、まだずいぶんと時間がありますねぇ・・・取り敢えず、原作読んでみるかぁ!(^▽^)

posted by 神之峰 風斎 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月08日

Lが変わるのか。世界が変わるのか。松山が変わった!?

L change the WorLd『L change the WorLd』の公開を明日に控え、7日東京 有楽町の東京国際フォーラムにてジャパンプレミアが行われた。

監督の中田秀夫をはじめ、主演の松山ケンイチ、共演者の工藤夕貴、福田麻由子、南原清隆、高嶋政伸 等の参加のもとに行われたイベント。
物語は、前作『DEATH NOTE』(2006年 ワーナー・ブラザーズ)シリーズで、キラこと夜神月(藤原竜也)を倒すために大きな代償を支払ったL(松山ケンイチ)が、その残された23日間をかけて、最後の難事件に挑むという物。

会場に現れた松山ケンイチは、20分近くもかけてファンに握手とサインの大サービス。その姿は、さながら『スウィニー・トッド』(公開中)のジャパンプレミアで魅せたジョニー・デップのよう・・・と、思ったら、それを見習ったとか。まあ何とも素直な事で・・・。(笑)
スピンオフである今作は、前作や原作(週刊少年ジャンプ 大場つぐみ、小畑健)に無い、新たなるLの一面が描かれそう。松山ケンイチのハマリっぷりが気に入っているだけに、その活躍に期待します!(^^)b

公式サイト
http://www.L-movie.jp

posted by 神之峰 風斎 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

節分

今日は節分ですね。

節分とは、四季の始まりの日(立春、立夏、立秋、立冬)の前日の事。現在は、主に立春の前日を指していますが、これは江戸時代頃からのようです。
節分と聞いて、まず思いつくのは豆撒きでしょうか?
節分の夜に、煎った豆を掛け声と共に撒き、歳の数だけ食べるこの習慣。これは、季節の変わり目に現れるという邪気を鬼に例え、それを追い祓う事によって、一年間の無病息災を願うという物。もともとは寺社が行った邪気祓い、豆打ちを起源としているそうです。その掛け声も様々で、“鬼は内”などと意外(!?)な物も。(笑)
柊鰯の習慣などもあり、最近では恵方巻なども広く知られていますね。
魔除けの柊で刺した鰯の頭を戸口に挿す柊鰯。柊は、その棘が鬼の目を刺すと言われ、鰯については、その香が鬼を遠ざけるとか、逆に誘い込むなど、諸説あります。因みに、長野県の下伊那辺りでは、“かにかや”と書いた紙をはる習慣も・・・。これは、かに(蟹)は鬼の首を挟み、かや(榧 )が虫を遠ざける事から来ているようです。
恵方巻・・・何やらいつのまにかに広まった気がしますが、何処ぞの業界の思惑が・・・!?まあ、大阪 船場の辺りから広まったようで、七福神にあやかった七種の具の入った太巻きを、恵方(その年の歳徳神の方角)を向いて食べる事で、無病息災などの願いが叶うという習慣のようです。
その他、全国様々な習慣があるようですね。

さて、世の中の邪気を祓って、気持ち良いを迎えると致しますかぁ!!(^▽^)
posted by 神之峰 風斎 at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月18日

同じタイトルと思いきや・・・“週”かぁ!! 28週後・・・


ダニー・ボイル監督作『28日後・・・』(2002年 英)の続編。28週たった後には・・・!?

人間を凶暴化させ、狂気の襲撃者と化する“RAGEウイルス”―。その猛威の中、 ドナルド・ドン・ハリス (ロバート・カーライル)は妻のアリス(キャサリン・マコーマック)と共に山荘に身を潜めていた。しかし、感染者の襲撃を受け・・・。
28週後・・・ウイルスが収まり、復興計画の進むロンドン―。タミー(イモジェン・プーツ)とアンディ(マッキントッシュ・マグルトン)の姉弟は、父親であるドンと無事に再会を果たす。2人はスペインへと旅行をしていたため、ウイルスの難を逃れていたのだ。再会の喜びも束の間、ドンは子供たちに母親 アリスの死を告げるが・・・。
大ヒットした前作の続編を、『10億分の1の男』(2001年 西)のファン・カルロス・フレスナディー監督・脚本で映画化―。

あらすじだけ見ると、またかぁ!?と思える路線。やけにこの感じの映画が続きますなぁ。まあ兎や角言いつつも、こうして興味を惹かれている時点で良いお客さんという気もしますがね!(笑)ミラ・ジョヴォヴィッチやウィル・スミスは出ていないですが、時間があれば観てみようかな。(^.^)

公式サイト
http://movies.foxjapan.com/28weekslater/

posted by 神之峰 風斎 at 00:24| Comment(0) | TrackBack(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

成人の日

今日は祝日、成人の日ですね。
新成人の方々、おめでとう御座います!

おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます”事を趣旨とするこの日。“ハッピーマンデー”の制度導入により1月の第2月曜日となるも、もともとは1月15日。これは、その昔“元服の儀”を小正月に行った事を起源とする。現在の日本では20歳をもって“成人”とするが、“元服”の頃は一般に15歳で“成人”。現代においても、国によって“成人”とされる年齢には違う。

毎年この日は、街に慣れない姿の新成人をよく見かけますね。また、ニュースなどでは、おとなの響きに酔ってしまった良からぬ話題も・・・。(苦)まあ、羽目を外すのはほどほどに、形ばかりでは無く、心の内も成人と成られる事を望みたい物です。(^o^)
posted by 神之峰 風斎 at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月10日

鏡開き

新年も明け、早明日は鏡開きですかぁ。

正月に年神(歳神)に供えた鏡餅を、御雑煮や御汁粉にして食し、一家円満を願う伝統行事。“鏡”は円満を、“開く”は末広がりを意味している。もともとは、武家の風習が起源とされており、1月20日に行われていた。これは、武家が甲冑などの具足に供えた“具足餅”を雑煮にして祝った事を、“刃柄(はつか)を祝う”と言った事から来ている様。また、刃物で切ることは切腹を思わせるため、手や木槌で砕く事が基本で、言葉の上でも縁起の良い“開く”を使っている。1月11日となったのは、江戸幕府第三代将軍 徳川家光が亡くなった20日(慶安4年4月)を忌日として避けたためで、現在も20日に行われる地域もある。鏡餅を食す事は“歯固め”とも言い、丈夫な歯での健康長寿を祈った。

まあ餅は好きじゃ無いのですけれどねぇ。(苦)この日くらいは具沢山で雑煮なんてのも良いかも・・・!?(^.^)
posted by 神之峰 風斎 at 02:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月09日

我が家にスターがやって来る!? 夢のSF世界へ!!

またひとつ、SF世界が現実に―。

『スター・ウォーズ』など、SF映画でよく見る“立体映像”―。
総務省が、民間企業と一体となって“立体テレビ”の開発に乗り出すとか。無論、3Dメガネを使用するような物では無く、レーザー光で空間に立体映像を描く本格的な物。世界に先駆けて開発実用化する事で、日本の国際競争力強化を狙う。テレビ放送の他、立体カタログや文化財の展示など、様々な分野への応用も想定しており、真にSFの世界へ―。
2020年実用化2025年一般放送開始を目指す。

2011年7月24日には、地上デジタル放送へ完全移行。今使っているアナログ・テレビを、買い換えようか?チューナー買って間に合わせようか?と悩む向きも少なからず・・・て言うか、何の事?なんて声もあったりして・・・。(笑)そこへ来て、その10年後には、また新たなる買い替え問題発生か?まあ技術の進歩で、映画のような世界が実現して行く事は、実にがあって良いのですがねぇ。どうにも冴えないこの世の中。いち早く脱却して、人々が新時代を存分に謳歌出来る豊かさが、合わせてやって来ると良いのですがねぇ。(^^)
posted by 神之峰 風斎 at 00:38| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

七種(七草)

今日は七種(七草)―。

1月7日の人日節句(五節句の一つ)朝、七種類の野菜の入った七種粥を食し、邪気と万病を祓う伝統的な風習ですね。まあその実、冬場に不足がちな野菜の栄養素を補う意味合いもあるようですが、現実的に言えば、正月の暴飲暴食で酷使した胃腸の休養日といったところでしょうか・・・。(笑)
新年も明けて早7日、鋭気を養い、良き1年と致したい物ですね。(^^)

【春の七種】
芹(せり)  芹  セリ科
薺(なずな)  薺(ぺんぺん草)  アブラナ科
御形(ごぎょう)  母子草(ははこぐさ)  キク科
繁縷(はこべら)  繁縷(はこべ)  ナデシコ科
仏の座(ほとけのざ)  小鬼田平子(こおにたびらこ) キク科
菘(すずな)  蕪(かぶ)  アブラナ科
蘿蔔(すずしろ)  大根(だいこん)  アブラナ科
posted by 神之峰 風斎 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月05日

海賊から転職!? スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師


“いらっしゃいませ。
 そして、永遠にさようなら。”
2008年のジョニー・デップは・・・悪魔の理髪師!?

舞台はイギリス、19世紀―。悪徳判事の陰謀により、無実の罪で投獄され、妻も娘も奪われた男(ジョニー・デップ)。やがて彼は、名も姿も変えてロンドンのフリート街へと舞い戻る。その目に復讐の狂気を宿らせて・・・。理髪師スウィーニー・トッドの復習劇が、今始まる―。

『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ(2003年〜2007年 米)の大ヒットでいまやトップ・スターとなったジョニーデップ(44)。しかし、初心忘れるべからずと言うべきか、盟友ティム・バートン(49)実に6度目(その他の作品の出演候補にも)となるタッグは、またもお得意な怪しげな役どころ。新年早々、派手なスプラッタを演じるようです。(笑)しかも今回は歌声まで披露。もともとバンド活動の経験もある彼、ファンには新しい興味となりましょうか・・・?まあ血しぶきは兎も角として、徹底して作りこんだ役柄を演じさせたら、ジョニーデップか阿部寛(43)かと思っておりますので、実に興味深い映画。ティム・バートン監督曰く、「ジョニーが演じた中でいちばん好き。」だそうな。(^▽^)
2008年1月19日(土)公開

公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/sweeneytodd/

posted by 神之峰 風斎 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(29) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。