2008年05月23日

隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS

隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS守るは姫と莫大な黄金、
 切り抜けるは敵軍1万人。

黒澤明監督作品を、樋口真嗣監督が大胆にリメイク。豪華出演陣で贈る、痛快冒険活劇!

戦国乱世、鬩ぎ合う三国があった。力ある国 早川。早川と同盟関係にある、富ある国 秋月。そして、その両国を手に入れんとする、野心ある国 山名。秋月の富を軍資金とすべく、突如怒涛の如く秋月領内に攻め入った山名は、程無く秋月城を陥落させる。しかし、秋月の血筋として唯一生き残った雪姫(長澤まさみ)と黄金百貫は、忽然とその姿を消した―。
黄金捜索のための強制労働者たちの中に、金掘り師 武蔵(松本潤)姿があった。秋月城内に掘り進められた坑内で瘴気(天然ガス)の噴出を察知した武蔵は、爆発の騒ぎに紛れて、便乗した樵の新八(宮川大輔)と共に逃亡を図った。追手から逃れた武蔵と新八の2人は、辿り着いた山奥の水辺で、なんと秋月の黄金を発見する。しかしその刹那、2人に向かって矢を射掛けて逃げ出す1人の男・・・!?2人は逃げた男を追い、捕らえたかに見えたが、そこに現れたもう1人の大男によって捕らえられてしまう―。
大男は野伏せりの六郎太(阿部寛)、矢を射掛けたのは弟の七郎太だという。武蔵と新八は、六郎太によって隠し砦の牢に押し込められてしまう。牢から逃れたい武蔵は、黄金を早川領に持ち出そうとする六郎太に策を持ちかける。それは、秋月領を蹂躙している早川の領内に敢えて入り、そこから早川領に抜けるという奇策であった―。
一方、雪姫と黄金の行方を追う早川の侍大将 鷹山刑部の率いる兵が、隠し砦に迫りつつあった―。

黒澤明監督のオリジナル作品(1958年 東宝)は『スター・ウォーズ』(1977年 20世紀フォックス)にも影響を与えたと聞きますが、本作は・・・ダース・ベイダー出てね?(笑)様々な歴史を踏まえて、新たに製作された本作品、アドベンチャー・スピリットを現代の映像技術で体現されたところは、なかなかの好印象。あまり深みのある物語ではないのですが、面白い物を作ってやろうという意欲は十分に感じられ、乗っかってしまうと結構楽しめました。まあ、乗り遅れた者にとっては、裏切り御免でしょうか?(爆)主演 松本潤・・・何で?宮川大輔・・・誰?などと観る前には思っていましたが、まあ良い味出しているではないですか。そして、いつもとは違うキャラを出している長澤まさみ、いつも通りの濃いキャラをだしている阿部寛非常に良し!黒澤作品から受け継ぎ、かなりの稽古を積んだであろう馬上の対決シーンなどは、最高の見せ場でしたね。ベイダー卿(!?)の椎名桔平をはじめとする、贅沢なキャスティングも見どころでしょうな。
こういったリメイク作品は、どうしてもオリジナル作品と比較される事となりますが、その事によってオリジナル作品が再び注目を浴びたりするのは良い効果かもしれませんね。(^o^)
隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS 一番悪いのは?
製作年: 2008年
製作国: 日本
配給: 東宝
スタッフ: 監督: 樋口真嗣
音楽: 佐藤直紀
脚色: 中島かずき
音楽: 佐藤直紀
キャスト 松本潤
阿部寛
長澤まさみ
椎名桔平
宮川大輔
甲本雅裕
生瀬勝久
古田新太
上川隆也
高嶋政宏
國村隼


posted by 神之峰 風斎 at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック