2008年03月26日

ポストマン

ポストマン“思いは、届く。”
春の訪れとともに、長嶋一茂が運ぶ幸せの手紙―。

太平洋に面し、豊かな自然も美しい千葉県房総町。人々の穏やかな暮らしを、高台にある灯台がそっと見守っている。そんな街を愛する海江田龍兵(長嶋一茂)は郵便局員。未だにバタンコ(郵便配達用の赤い自転車)での配達にこだわる龍兵の誇りは、人々の手紙を迅速且つ正確に届ける事。その実直な姿は、同僚に信頼され、街の人々に愛されている。今日も龍兵のバタンコが、街を疾走する―。
龍兵は、中学3年生の娘 あゆみ(北乃きい)と小学3年生の息子 鉄兵(小川光樹)との3人暮らし。妻 泉(大塚寧々)は2年前に他界している。ある日、あゆみは進学の志望校を龍兵に伝える。しかし、その高校に入学するためには、寮生活を送らなければならない。龍兵は、「家族はひとつ屋根の下で暮らすべき!」と即却下。困ったあゆみは、担任代理の塚原奈桜子(原沙知絵)に相談するが・・・。
手紙に込められた想いを、ポストマンが繋いで行く―。

いわゆるひとつの・・・一茂速!!あのバタンコを、あの速度で走らせる脚力は尋常ではないです。(笑)『高原へいらっしゃい』(2003年 TBS)など、多くのTVドラマを手掛けた今井和久の映画初監督作品。脚本は、『北斗の拳』シリーズ(2006年〜 東宝)も手掛ける鴨義信。この辺りの良いところが、この作品に存分に反映されたといったところでしょうか。製作総指揮も務めた長嶋一茂は、『ミスター・ルーキー』(2002年 東宝)以来となる主演映画。美しい風景、人々の繋がり、そしてこの愚直なまでに実直な龍兵が良い!まあ、現実突破の部分もありますが、そこはご愛嬌。特に上手いというわけでは無い一茂の演技ですが、好感を持てるのは主人公同様の実直さでしょうか。心地よい感動を頂きました。手紙どころか、文字も書く事が少なくなったこのご時勢。手紙が伝える想い温かさを見直してみるのも良いかもしれませんね。(^−^)
ポストマン 家族の繋がりは?
製作年: 2007年
製作国: 日本
配給: ザナドゥー
スタッフ: 監督: 今井和久
製作総指揮: 長嶋一茂
脚本: 鴨義信
プロデューサー: 元木ひとみ / 秋山純 / 伊藤正昭
撮影: 木村弘一
照明: 村澤浩一
美術: 北谷岳之
録音: 畦本真司
編集: 清水正彦
音楽: 中村幸代 / 森下滋
主題歌: 小松優一
キャスト 長嶋一茂
北乃きい
原沙知絵
田山涼成
菊池隆則
遠藤久美子
渡邊邦門
佐野夏芽
小川光樹
前田耕陽
大塚寧々
木梨憲武
古手川祐子
犬塚弘
谷啓
竹中直人
野際陽子


posted by 神之峰 風斎 at 00:32| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【2008-73】ポストマン
Excerpt: 人気ブログランキングの順位は? 手紙に込められた想い その想いを伝えるために 手紙が繋いだ愛 春の訪れとともに あなたの想い、届けます 思いは、届く。 手紙がつな..
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2008-04-02 23:26