2008年02月03日

節分

今日は節分ですね。

節分とは、四季の始まりの日(立春、立夏、立秋、立冬)の前日の事。現在は、主に立春の前日を指していますが、これは江戸時代頃からのようです。
節分と聞いて、まず思いつくのは豆撒きでしょうか?
節分の夜に、煎った豆を掛け声と共に撒き、歳の数だけ食べるこの習慣。これは、季節の変わり目に現れるという邪気を鬼に例え、それを追い祓う事によって、一年間の無病息災を願うという物。もともとは寺社が行った邪気祓い、豆打ちを起源としているそうです。その掛け声も様々で、“鬼は内”などと意外(!?)な物も。(笑)
柊鰯の習慣などもあり、最近では恵方巻なども広く知られていますね。
魔除けの柊で刺した鰯の頭を戸口に挿す柊鰯。柊は、その棘が鬼の目を刺すと言われ、鰯については、その香が鬼を遠ざけるとか、逆に誘い込むなど、諸説あります。因みに、長野県の下伊那辺りでは、“かにかや”と書いた紙をはる習慣も・・・。これは、かに(蟹)は鬼の首を挟み、かや(榧 )が虫を遠ざける事から来ているようです。
恵方巻・・・何やらいつのまにかに広まった気がしますが、何処ぞの業界の思惑が・・・!?まあ、大阪 船場の辺りから広まったようで、七福神にあやかった七種の具の入った太巻きを、恵方(その年の歳徳神の方角)を向いて食べる事で、無病息災などの願いが叶うという習慣のようです。
その他、全国様々な習慣があるようですね。

さて、世の中の邪気を祓って、気持ち良いを迎えると致しますかぁ!!(^▽^)
posted by 神之峰 風斎 at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/82134520

この記事へのトラックバック