2007年12月24日

アイ・アム・レジェンド


“地球最後の男に希望はあるのか。”
リチャード・マシスン原作のSF小説『地球最後の男』を、『コンスタンティン』(2005年 米)のフランシス・ローレンスを監督に迎え、3度目の映画化。

人類66億人全滅―。ゴーストタウンと化したニューヨーク マンハッタンの街並みを、走り抜ける赤のマスタング。時は2012年、3年前にニューヨークを発生源として広がった厄災 ウイルスは、地球全土を覆い、人類を絶滅へと追い込んだ。だがここに、一人の男が生命の確かな営みを刻み続けている。男の名はロバート・ネビル(ウィル・スミス)。愛犬 サムと共に生き延びた彼は、生存者を求め、ラジオの電波でメッセージを送る一方、人類再生のためにウイルスの研究を続けていた。しかし・・・そこにあるのは究極の孤独。そして、夜の闇が訪れると共に蠢く妖しげな影―。
男は、人類再生の伝説となるのか・・・!?

この物語の題材は、一つ間違えれば単なるB級ホラー映画。予告やCMを見てイメージすると、思いの他激しい部分があるかも・・・!?(笑)しかしまあ、実際に封鎖して撮影されたという、無人のマンハッタンの街並みの不気味さは圧巻。そして何よりも、究極の孤独の中で戦う男の心理を、巧みに演じ抜いたウィル・スミスは流石。些細なツッコミどころはあれど、ウィルの演技が何処かで観たアクションホラーなどとは違った味わいを与え、良質の人間ドラマを観た気分にさせてくれました。ウィルの愛娘ウイロウも、そのまま娘役として出演て頑張っています。(^.^)
アイ・アム・レジェンド
製作年: 2007年
製作国: アメリカ
配給: ワーナー・ブラザース映画
スタッフ: 監督: フランシス・ローレンス
原作: リチャード・マシスン
脚本: マーク・プロトセヴィッチ / アキヴァ・ゴールズマン
撮影: アンドリュー・レスニー
キャスト ウィル・スミス
アリス・ブラガ
サリー・リチャードソン=ホイットフィールド
ウィロー・スミス
チャーリー・タハン



posted by 神之峰 風斎 at 02:53| Comment(1) | TrackBack(3) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
突然で申しわけありません。現在2007年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票にご参加いただくようよろしくお願いいたします。なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.movieawards.jp/です。
Posted by 日本インターネット映画大賞募集中 at 2007年12月24日 10:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

2007年最後の劇場映画鑑賞は アイ・アム・レジェンド でした
Excerpt:  スーパーマンVSバットマンは2009年公開なのかな?
Weblog: よしなしごと
Tracked: 2007-12-31 18:02

『アイ・アム・レジェンド』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「アイ・アム・レジェンド」□監督 フランシス・フローレンス □脚本 マーク・プロトセヴィッチ、アキヴァ・ゴールズマン □原作 リチャード・マシスン 「地球最後の男」(ハヤ..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2008-02-05 08:12

地球最後の男 オメガマン
Excerpt: 地球最後の男 オメガマン (1971) 1975年、中ソ戦争での細菌兵器が全世界を殲滅状態に追い込む中、米国LA在住の細菌学の権威ロバート・ネヴィルは、開発中の血清によって命辛々生き延びるが..
Weblog: 365日映画生活坊主
Tracked: 2010-02-14 21:54