2008年09月28日

グーグーだって猫である


天才漫画家、麻子さんの家に
新しい仲間がやって来ました

大島弓子の自叙伝的エッセイ漫画を映画化。監督 犬童一心、主演 小泉今日子を迎え、新たなる生命を吹き込む!

吉祥寺のとある一室―。漫画家の小島麻子(小泉今日子)は作品の締め切りの追われ、そのアシスタンたちと共に徹夜の作業に取り掛かっていた。その様子を見つめる愛猫サバ。「さようなら。」微かに響いた声も、今の麻子には届かない・・・。翌日、仕事を終えた麻子が目にしたのは、既に冷たくなったサバの姿であった―。
あの日以来、仕事が手につかない麻子。アシスタントたちは心配で仕方ない。そんなある日、アシスタントのひとりナオミ(上野樹里)は、ペットショップの前に立ち尽くす麻子を目撃する。ふと、店の中に吸い込まれていく麻子・・・。やがて、仕事場で待つアシスタントたちに一匹のアメリカンショートヘアーが紹介される。「名前はグーグーとします。」

吉祥寺を舞台に広がる小宇宙。単なるほのぼの動物物と思っていると、思いもよらず展開する不思議ワールドに戸惑う事も・・・!?まあ好みは別れそうですが、なかなか面白い目線での描き方ですね。犬童一心監督自身、大島弓子ファンとの事。えらく泣けるというわけではないのですが、小泉今日子をはじめとするキャストの味わいもあり、何かゆる〜く良い感じの作品でした。(^.^)
グーグーだって猫である
製作年: 2008年
製作国: 日本
配給: アスミック・エース
スタッフ: 監督・脚本: 犬童一心
原作: 大島弓子
音楽: 細野晴臣
プロデューサー: 久保田修 / 小川真司
エグゼクティブ・スーパーバイザー: 角川歴彦
撮影: 蔦井孝洋
美術: 磯田典宏
照明: 疋田ヨシタケ
VE: さとうまなぶ
録音: 浦田和治
編集: 洲崎千恵子
助監督: 村上秀晃
衣装デザイン: 宇都宮いく子
キャスト 小泉今日子
上野樹里
加瀬亮
林直次郎
伊阪達也
大島美幸
村上知子
黒沢かずこ
高部あい
田中哲司
でんでん
山本浩司
江口のりこ
マーティ・フリードマン
大後寿々花
楳図かずお
松原智恵子




posted by 神之峰 風斎 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック