2008年07月29日

クライマーズ・ハイ


命を追った、あの夏
1985年8月12日群馬県御巣鷹山に日航機墜落、死者520名―。
原作 横山秀夫、監督 原田眞人で描く、命を追った記者たちの激動の一週間。

クライマーズ・ハイ=登山時に興奮状態が極限まで達し、恐怖感が麻痺してしまう状態。
その日、北関東新聞社記者 悠木和雅(堤真一)は、翌朝の谷川岳の衝立岩登頂のための装備を整えていた。販売局の同僚で親友の安西耿一郎(高嶋政宏)に誘い出されたのだ。準備を終え、デスクを後にした悠木に、県警キャップの佐山達哉(堺雅人)が擦り寄って囁く。「悠さん・・・ジャンボが消えたそうです。」「・・・ジャンボが消えた?」直後、共同通信社のニュース速報が編集局に響き渡る。「東京発大阪行き日航123便が横田基地の北西数十キロでレーダーから姿を消しました。長野、群馬の県境に墜落した模様―。」にわかに色めき立つ編集局。そんな中、社長の白河頼三(山崎努)が全権デスクに指名したのは、出世に縁の無い一匹狼の遊軍記者である悠木であった。
航空機史上世界最大の惨事。高まる興奮が、記者たちを極限の精神状態に誘う。果たして新聞は、命の重さを問えるのか?

あの夏の記憶・・・飛び交う報道、周囲を行き交う自衛隊の姿は、未だに鮮明な記憶です。現実に起こった、23年前の日航機墜落事故を題材にしたこの作品。面白かったとと言うには憚りがありますが、堤真一をはじめとする出演陣の熱演は、当時の記者たちの緊迫感葛藤実に良く描けているように思えました。このタイトル、成る程見事な出来、堪能致しました。
何か大きな事件がある度に、見る者、聞く者も色めき立つ物ですが・・・無い方が良いね。あんな事件は・・・。(゜-゜)
クライマーズ・ハイ
製作年: 2008年
製作国: 日本
配給: 東映 / ギャガ・コミュニケーションズ Powered by ヒューマックスシネマ
スタッフ: 監督・脚本: 原田眞人
製作: 若杉正明
プロデューサー: 久保理茎
原作: 横山秀夫
脚本: 加藤正人 / 成島出
音楽: 村松崇継
撮影: 小林元
編集: 須永弘志 / 原田遊人
音楽: 村松崇継
助監督: 谷口正行 / 桑原昌英
キャスト 堤真一
堺雅人
尾野真千子
高嶋政宏
山崎努
遠藤憲一
田口トモロヲ
堀部圭亮
マギー
滝藤賢一
皆川猿時
でんでん
中村育二
螢雪次朗
野波麻帆
西田尚美
小澤征悦



posted by 神之峰 風斎 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック