2008年07月08日

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国神聖なる力を守り
 文明の発祥地を救い
  悪の軍勢に勝利した

全世界待望―
新たなる秘宝を求め、史上空前の冒険が始まる!

1957年アメリカ―。ネバダ州の道を進む軍用車の隊列が、軍の実験用基地のゲートに到着した。警備員の不意を衝き射殺し、さらに奥へと進んだ隊列は、“51”の格納庫の前に止まる。軍用車に乗っていたのは、米兵を装ったソ連兵であった。そして、ソ連兵によって捕らえられていた2人の男も降ろされる。インディ・ジョーンズ(ハリソン・フォード)と友人のマック(レイ・ウィンストン)だ・・・!
ソ連兵を指揮するイリーナ・スパルコ大佐(ケイト・ブランシェット)の命によりインディが探し出したのは、“ロズウェル1947”と記された箱。一同が箱の中身に目を奪われたその刹那、インディはムチを兵士から取り戻し銃を奪う。しかし、スパルコに銃口を向けたインディに、何故かマックの銃口が・・・!?マックは金欲しさに、ソ連側に雇われたのだ。インディは銃を暴発させ、その場から脱出する。
スパルコ等ソ連兵の手から逃たインディは、郊外の住宅地に辿り着くが・・・何処か変。そこはか、爆発直前の核実験施設!とっさに鉛張りの冷蔵庫に飛び込んだインディは、辛くも生き延びる。しかし待っていたのは、ソ連側との関係を疑ったFBIの尋問であった。
コネチカット州のマーシャル・カレッジも戻ったインディであったが、FBIから嫌疑かけられている彼を、大学側は解雇しようとする。学部長スタンフォース(ジム・ブロードベント)の抵抗も空しく教壇を離れる事となったインディは、 ライブチヒで教鞭を執るべく、アメリカを離れる決意をする。
インディを乗せたニューヨーク行きの列車が走り出そうとした時、ハーレーに跨った青年が現れ叫んだ。「オックスリーが殺される!」マット・ウィリアムズ(シャイア・ラブーフ)と名乗る青年の話を聞いたインディは、共に旅立つ事となる。そう、新たなる冒険へ!

20年近くの時を経ての復活。流石にインディ老けたな・・・!しかし、ハリソン・フォード頑張っています!センスあるユーモアアクションは、未だ後に続いたアドベンチャー映画に負けず劣らず面白い。何やら次回作への布石と思われる場面もあり、まだまだオヤジやる気です!(笑)
嘗てのヒーローが軒並み蘇る昨今、ニューヒーローは生まれぬ物かと嘆かわしく思いつつ・・・やっぱり嬉しいんですけれどねぇ!(^▽^)
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 新たなる秘宝とは?
製作年: 2008年
製作国: アメリカ
配給: パラマウント ピクチャーズ ジャパン
スタッフ: 監督: スティーヴン・スピルバーグ
製作: フランク・マーシャル
製作総指揮: ジョージ・ルーカス / キャスリーン・ケネディ
原案: ジョージ・ルーカス
脚本: デヴィッド・コープ
撮影: ヤヌス・カミンスキー
音楽: ジョン・ウィリアムズ
キャスト ハリソン・フォード
シャイア・ラブーフ
レイ・ウィンストン
カレン・アレン
ケイト・ブランシェット
ジョン・ハート
ジム・ブロードベント


posted by 神之峰 風斎 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102463224

この記事へのトラックバック