2008年08月21日

ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝

ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝神秘の宝をめぐり、
死者の軍団との壮大な戦いが幕を開ける!

シリーズ第3弾!ブレンダン・フレイザー主演のアクション・アドベンチャーが、7年の時を超え復活!!

古代中国―。自然界の五大元素さえも操り、その強大な武力で全土制圧を目指す皇帝(ジェット・リー)は、その野望成就のため不老不死の力を求める。皇帝の命を受けた妖術師のツイ・ユアン(ミシェル・ヨー)とミン・グオ将軍(ラッセル・ウォン)は、シルクロードの彼方でその魔術を見付け出す。しかし、2人が愛し合う仲と知った皇帝は、ツイ・ユアンを欺き、ミン・グオを残虐な手法で処刑してしまう。その刹那、ツイ・ユアンの呪いにより、皇帝とその臣下は炎に包まれ、やがてその姿を陶器に変えていった―。
1946年イギリス―。第二次世界大戦も終結し、平和の訪れたロンドンで、リック(ブレンダン・フレイザー)とエヴリン(マリア・ベロ)のオコーネル夫妻は生活していた。エヴリンは過去の“冒険”をネタに小説家として成功し、リックは戦時中の諜報活動で活躍するも、今は不慣れな釣りなどしながら時間をつぶしていた。そんなある日、外務省の者がリックを訪ね、ある依頼を持ち込む。それは、伝説のブルーダイヤ“シャングリラの眼”を、リックの友人 ロジャー・ウィルソンが館長を務める上海の博物館に返却する仕事であった。上海では、ジョナサン(ジョン・ハナ)もナイトクラブ“イムホテップ”を経営している事から、快諾したリックはエヴリンを伴い上海に向かった。2人は知らなかった。その頃 中国では、勝手にハーバード大学を中退した息子 アレックス(ルーク・フォード)が、200年前の皇帝陵を発掘する偉業を成していた事を―。

続き、あるんじゃないかなぁと思っていましたが、中国ですかぁ!なるほど、ミイラ・ネタ専門も(!?)こんな変化の付け方がありましたか。まあ五輪も開催中でですよね。(笑)オコーネル・ファミリーの顔ぶれは多少変わりましたが、派手なアクションとユーモアは健在!然程新鮮味は無いのですが、相変わらず楽しませてくれます。新たなエヴリン役、マリア・ベロもそつなく演じていますしね。しかし・・・レイチェル・ワイズがいないのは、やはり寂しいのぉ・・・!(苦)ジェット・リーミシェル・ヨーの出演は歓迎できる要素。ジェット・リー、また呪われているし・・・と思いながらも、2人の動きは流石で、欲を言えばもう少しアクションを見たいところ。まあ物語の出番としては、順当なところでしょうがね。
さて・・・次回作はインカ?マヤ?アステカ!?(?▽?)
ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝 ミイラ以外も・・・?
製作年: 2008年
製作国: アメリカ
配給: 東宝東和
スタッフ: 監督: ロブ・コーエン
製作: スティーヴン・ソマーズ
脚本: アルフレッド・ガフ / マイルズ・ミラー
撮影: サイモン・ダガン
音楽: ランディ・エデルマン
キャスト ブレンダン・フレイザー
マリア・ベロ
ジョン・ハナー
ルーク・フォード
ジェット・リー
ミシェル・ヨー
イザベラ・リョン



posted by 神之峰 風斎 at 01:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月10日

ドラゴン・キングダム

ドラゴン・キングダム無敵の帝国“キングダム”、
呪いを解けるのは奴らだけ―

ジャッキー・チェン×ジェット・リー、世界が待ち望んだ奇跡の競演!!

現代アメリカのボストンに住むジェイソン・トリピティカス(マイケル・アンガラーノ)は、カンフーの達人に憧れる軟弱なオタク青年。今日もチャイナタウンにあるオールド・ホップの経営する質屋でカンフーのDVDを物色していたジェイソンは、店の奥で金色に光る古びた棒を目にする。オールド・ホップは、これは持ち主が現れぬまま、代代預かり続けている物だと言う。チャイナタウンを後にしたジェイソンは、ストリートギャングに捕らえられ、オールド・ホップの店を襲撃する手引きをさせられてしまう。襲撃の夜、抵抗したオールド・ホップは、ギャングの一人が放った銃弾に倒れ、ジェイソンに金色の棒を持ち主に返す事を託す。自身の身も危ういジェイソンは屋上まで駆け上がるが、ギャングたちに追い詰められてしまう。その時、何かの力によってジェイソンの身は宙に舞い、屋上から転落してしまった―。
転落したはずのジェイソンが目醒めると、そこはまるで見た事無い景色。そこは古代中国であった。ジェイソンが事態を飲み込めずにいると、突如軍勢が村を襲い、ジェイソンも危機に陥る。と、そこに現れた酔っ払いが兵士たちを倒し、ジェイソンを救う。酔っ払いの正体は、酔拳の達人 ルー・ヤン(ジャッキー・チェン)。この世界がジェイド将軍(コリン・チョウ)の圧制に苦しめられている事を語ったルー・ヤンは、金色の棒を目にし、ジェイソンこそが世に平和をもたらす“導かれし者”であると伝えた。そう、金色の棒は偉大なる賢人 孫悟空を500年の呪いから開放する鍵、如意棒であった―。

物語りも然る事ながら、この映画の企画自体が壮大なファンタジー。希望してから15年かかったというジャッキー・チェンジェット・リーの共演は、お互い痣だらけになったという対決シーンをはじめ、サービス満点。何やらパクリっぽい部分も無いでもないですが、(笑)ファンを楽しませる要素が随所に散りばめられています。他の共演者にも魅力があり、物語りもよく知られた要素を題材にしていて解りやすい。なかなか楽しめました!
北京五輪開催中。開会・閉会式を手掛けるチャン・イーモンも良いけれど、ジャッキー・チェン×ジェット・リー見逃せないね!(^▽^)b
ドラゴン・キングダム J×J!
製作年: 2008年
製作国: アメリカ
配給: 松竹
スタッフ: 監督: ロブ・ミンコフ
製作総指揮: リンウッド・スピンクス / ラファエラ・デ・ラウレンティス
製作: ケイシー・シルヴァー
脚本: ジョン・フスコ
撮影: ピーター・パウ
アクション監督: ユエン・ウーピン
音楽: デヴィッド・バックリー
キャスト ジャッキー・チェン
ジェット・リー
マイケル・アンガラーノ
リー・ビンビン
リュウ・イーフェイ
コリン・チョウ
モーガン・ベンワー


posted by 神之峰 風斎 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。