2008年05月30日

山のあなた 徳市の恋

山のあなた 徳市の恋見えない目で
 あなたを見つめていた。

草g剛を主演に迎え、名匠 清水宏監督の『按摩と女』(1938年 松竹)を、『鮫肌男と桃尻女』(1999年 東北新社)などの石井克人監督が完全カヴァー。

新緑の眩しい季節。温泉場へと続く山道を、目の不自由な徳一(草g剛)と福市(加瀬亮)が足早に歩いて来る。按摩で生計を立てる二人は、冬の間は海の温泉場で過ごし、春になると山の温泉場にやって来る。目明きの人間を今日は何人追い抜いたかと楽しむ二人は、いつしか温泉場の名物となっていた。そんな二人を、温泉場へと向かう馬車が追い抜いて行く。馬車には大村真太郎(堤真一)と甥の研一(広田亮平)、そして“東京の女”が乗っていた―。
温泉場の按摩宿泊所に到着した徳一と福市に、早速のお呼びがかかる。徳一は鯨屋へ、そして福一は観音屋へ。鯨屋に到着し、施術のため客室を訪ねた徳一を待っていたのは・・・“東京の女”三沢美千穂(マイコ)であった。何処か不安気で謎めいた美千穂に、徳一は仄かな恋心を抱いて行く―。

一見、『鮫肌男と桃尻女』や『PARTY7』(2000年 東北新社)の頃からは、随分と違う作風に思える石井監督作品。しかしこの映画を観ていると、何やら繋がりというか、求めてきた物が分かるような気がします。大きな抑揚があるわけではなく、ゆったりと流れる物語。とある時、山の温泉場での出来事を、静かに風景を眺めるが如き視点がとても優しく心地良い。主人公 徳一を演じた草g剛良いね!目が不自由でありながら、常に前向きで明るく、そして負けず嫌いな徳一を演じる姿は、実に自然体マイコ演じる美千穂のの美しさ、堤真一演じる大村の人間味ある下心も物語にを添えている。
古き良き頃を描いた日本映画。う〜ん、実に良き“心の入浴”(入浴料¥1,000)であった。(^▽^)
山のあなた 徳市の恋 美千穂の心のうちは?
製作年: 2008年
製作国: 日本
配給: 東宝
スタッフ: 監督・編集: 石井克人
エグゼクティブプロデューサー: 大多亮 / 飯島三智
プロデューサー: 松崎薫 / 谷口宏幸 / 和田倉和利
脚本: 清水宏
撮影: 町田博
美術: 都築雄二
衣装: 川崎健二
作曲: 中川俊郎
照明: 木村太朗
録音: 森浩一
キャスト 草g剛
加瀬亮
マイコ
広田亮平
津田寛治
三浦友和
堤真一


posted by 神之峰 風斎 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

ランボー 最後の戦場

ランボー 最後の戦場ムダに生きるか、
 何かのために死ぬか―
お前が決めろ・・・!

混迷の21世紀。自国の民を無慈悲に殺戮する軍隊に、最強の一人軍隊(ワンマン・アーミー)の怒りが蘇える・・・!

その男、ジョン・ランボー(シルヴェスター・スタローン)。嘗てグリーンベレーの精兵としてベトナム戦争の英雄となった男は、その後の数多の戦いをも終え、今はタイ北部の山村で孤独な日々を送っていた―。
捕らえた毒蛇を売り、ボートでの運搬で生計を立てるランボーに、キリスト教支援団の一行が依頼を持ち掛けて来る。ミャンマーのカレン族への医療支援のため、地雷で危険な陸路を避ける水路の道案内であった。一度は以来を断ったランボーであったが、支援団の一員 サラ・ミラー(ジュリー・ベンツ)の懇願に心を動かす。サラの純粋な思いの中に、嘗て戦う事で人を救おうとした自分自身を見たのだ。目的地への途上、一行は海賊の襲撃を受けるが、ランボーは瞬時に敵を射殺する。しかし、助けたはずの支援団の者たちから向けられたのは、非難の視線。だが、サラだけは、目的地まで無事に送り届けたランボーに、そっとクルスを手渡すのだった―。
数日の後、ランボーは、カレン族の村がミャンマー軍に襲撃され、支援団も軍によって捕らえられたとの知らせを受ける。そして、救出ために組織された5人の傭兵を、現地まで送り届ける依頼を再び受ける。出発の前夜、ランボーは炎に向かいナイフを打つ。その胸に決死の思いを秘めながら―。

物語の展開に新鮮味は無い。嘗てトラウトマン大佐を演じたリチャード・クレンナも2003年に他界。しかし、ロッキーに続き、ランボーも帰って来た。それだけで嬉しいじゃないですかぁ!勿論、アクションは健在。還暦を越えて尚あの動きシルヴェスター・スタローン大した男だ。
ジョン・ランボー・・・ヒーローと呼ぶには血生臭い。リアルさが物議を醸した戦いの描写は・・・まあ確かにね。しかし、妙に格好良く描くのではなく、戦争が如何なる物かを訴える姿勢には好感を持てるし、ミャンマーの現状を伝える面でも大いに貢献できているのではないでしょうかね。
物語の最後、去り行くランボーの後姿を、“良かったな”そんな気持ちで見送りました。(^^)b
ランボー 最後の戦場 何を見つけ、何を失うのか?
製作年: 2008年
製作国: アメリカ
配給: GAGA
スタッフ: 監督・脚本: シルヴェスター・スタローン
撮影: グレン・マクファーソン
キャラクター創造: デヴィッド・マレル
音楽: ブライアン・タイラー
製作: アヴィ・ラーナー / ケヴィン・キング・テンプルトン / ジョン・トンプソン
脚本: アート・モンテラステリ
衣装デザイン: リズ・ウォルフ
編集: ショーン・アルバートソン
キャスト シルヴェスター・スタローン
マシュー・マースデン
ポール・シュルツ
ジュリー・ベンツ
ジェームズ・ブローリン
グレアム・マクタヴィッシュ
ケン・ハワード
ティム・カン
ジェイク・ラ・ボッツ




posted by 神之峰 風斎 at 01:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS

隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS守るは姫と莫大な黄金、
 切り抜けるは敵軍1万人。

黒澤明監督作品を、樋口真嗣監督が大胆にリメイク。豪華出演陣で贈る、痛快冒険活劇!

戦国乱世、鬩ぎ合う三国があった。力ある国 早川。早川と同盟関係にある、富ある国 秋月。そして、その両国を手に入れんとする、野心ある国 山名。秋月の富を軍資金とすべく、突如怒涛の如く秋月領内に攻め入った山名は、程無く秋月城を陥落させる。しかし、秋月の血筋として唯一生き残った雪姫(長澤まさみ)と黄金百貫は、忽然とその姿を消した―。
黄金捜索のための強制労働者たちの中に、金掘り師 武蔵(松本潤)姿があった。秋月城内に掘り進められた坑内で瘴気(天然ガス)の噴出を察知した武蔵は、爆発の騒ぎに紛れて、便乗した樵の新八(宮川大輔)と共に逃亡を図った。追手から逃れた武蔵と新八の2人は、辿り着いた山奥の水辺で、なんと秋月の黄金を発見する。しかしその刹那、2人に向かって矢を射掛けて逃げ出す1人の男・・・!?2人は逃げた男を追い、捕らえたかに見えたが、そこに現れたもう1人の大男によって捕らえられてしまう―。
大男は野伏せりの六郎太(阿部寛)、矢を射掛けたのは弟の七郎太だという。武蔵と新八は、六郎太によって隠し砦の牢に押し込められてしまう。牢から逃れたい武蔵は、黄金を早川領に持ち出そうとする六郎太に策を持ちかける。それは、秋月領を蹂躙している早川の領内に敢えて入り、そこから早川領に抜けるという奇策であった―。
一方、雪姫と黄金の行方を追う早川の侍大将 鷹山刑部の率いる兵が、隠し砦に迫りつつあった―。

黒澤明監督のオリジナル作品(1958年 東宝)は『スター・ウォーズ』(1977年 20世紀フォックス)にも影響を与えたと聞きますが、本作は・・・ダース・ベイダー出てね?(笑)様々な歴史を踏まえて、新たに製作された本作品、アドベンチャー・スピリットを現代の映像技術で体現されたところは、なかなかの好印象。あまり深みのある物語ではないのですが、面白い物を作ってやろうという意欲は十分に感じられ、乗っかってしまうと結構楽しめました。まあ、乗り遅れた者にとっては、裏切り御免でしょうか?(爆)主演 松本潤・・・何で?宮川大輔・・・誰?などと観る前には思っていましたが、まあ良い味出しているではないですか。そして、いつもとは違うキャラを出している長澤まさみ、いつも通りの濃いキャラをだしている阿部寛非常に良し!黒澤作品から受け継ぎ、かなりの稽古を積んだであろう馬上の対決シーンなどは、最高の見せ場でしたね。ベイダー卿(!?)の椎名桔平をはじめとする、贅沢なキャスティングも見どころでしょうな。
こういったリメイク作品は、どうしてもオリジナル作品と比較される事となりますが、その事によってオリジナル作品が再び注目を浴びたりするのは良い効果かもしれませんね。(^o^)
隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS 一番悪いのは?
製作年: 2008年
製作国: 日本
配給: 東宝
スタッフ: 監督: 樋口真嗣
音楽: 佐藤直紀
脚色: 中島かずき
音楽: 佐藤直紀
キャスト 松本潤
阿部寛
長澤まさみ
椎名桔平
宮川大輔
甲本雅裕
生瀬勝久
古田新太
上川隆也
高嶋政宏
國村隼


posted by 神之峰 風斎 at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

お姉チャンバラ THE MOVIE

お姉チャンバラ THE MOVIE美女!×水着!×日本刀!×ゾンビ!
穢れし返り血その身に浴びて、忌血の力を解き放つ!美貌の女剣士 彩、ここに見参!!

街にはゾンビが蔓延り、荒廃した世界―。ゾンビたちを生み出した謎の科学者 杉田(諏訪太郎)を追って、荒野を旅する彩(乙黒えり)と勝治(脇知弘)の姿があった。“忌血”の末裔である彩は、杉田と共に父を殺害した腹違いの妹 咲(中村知世)への復讐を誓っていた。そして勝治は、杉田に連れ去られた妹を救い出すために・・・。ある時、彩がその“忌血”の力でゾンビを次々と斬り斃す中、華麗な銃技を持つ、ひとりの女が乱入する。杉田に娘の命を奪われ、復讐を誓うレイコ(橋本愛実)であった。反目しつつも、3人は共通の敵を斃すべく、共に旅立つ―。

舞台挨拶を拝見致しました。何はともあれ、劇中衣装の乙黒えりは、ぐ〜!!(≧▽≦)b銀幕の引き締まったの表情とはまた違う、和らいだ笑顔も、また素敵でしたよ。監督はまあ・・・お疲れ様です!(笑)
イオンのCMをはじめ、『少林少女』(公開中)にも出演の乙黒えりですが、この作品に関しては友人に誘われるまで知りませんでした。まあ、タイトルからしてB級ですが、中身も良質な(!?)B級映画でしたぁ!(爆)何処かで観たような映像やら何やら、ツッコミどころも含め、スピーディーな展開で結構楽しませて頂きました。
寒い中での撮影だったとの事。薄着で頑張った役者の皆様、お疲れ様です!/(^▽^)
お姉チャンバラ THE MOVIE 忌血の対決
製作年: 2008年
製作国: 日本
配給: ジョリー・ロジャー
スタッフ: 監督・撮影: 福田陽平
プロデューサー: 櫻井秀行 / 上野境介 / 川島正規 / 村田亮
脚本: 村川康敏 / 福田陽平
音楽: 碇英記 / 窪田顕之 / 藤野智香
主題歌: 川田まみ
キャスト 乙黒えり
橋本愛実
脇知弘
中村知世
諏訪太郎
渡辺哲


posted by 神之峰 風斎 at 01:27| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

砂時計

砂時計“ずっと、一緒にいたかった。”
原作は、コミック累計570万部を誇る芦原妃名子の人気作。2007年にTBS系でドラマ化された同作を、監督 佐藤信介、主演 松下奈緒と夏帆で映画化。

14歳―。水瀬杏(夏帆)は、両親の離婚のため、母 美和子(戸田菜穂)に連れられて、その故郷 島根にやって来る。しかし、実家で待っていた祖母 植草美佐代(藤村志保)の叱咤激励の声は、却って心を病んでいた美和子を追い詰めて行く・・・。一方、東京で育った杏は田舎町での暮らしに戸惑うが、北村大悟(池松荘亮)や月島藤(塚田健太)と椎香(岡本杏理)の兄妹と出逢い、次第に馴染みはじめていた。そんなある晩、散歩に行くと言って出掛けた美和子が、山に入り、自ら命を絶ってしまった。母の死を止める事が出来なかった無念、ひとり取り残された孤独が杏の心を押しつぶそうとした時、救いの手を差し伸べたのは大悟であった。「俺が、ずっと一緒におっちゃる・・・絶対に・・・!」
26歳―。杏(松下奈緒)は婚約者の佐倉圭一郎(高杉瑞穂)と伴い、久々に故郷 島根の駅に降り立った。杏と大悟は、別々の人生を歩んでいた―。

原作やドラマは見ていないのですが、映画という短い時間枠のなかで、杏の過ごした時の砂の一粒一粒を感じさせてくれる映像でした。それはただ甘いだけでなく、時に重く、怖く、悲しい。そして、何気に共感を覚えたりしながら、最後には納得気持ち良く帰る事が出来ました。杏を演じた松下奈緒夏帆・・・良いですねぇ!あまり似ていない二人ですが、いつの間にかに同一人物になっていました。「過去が未来になったよ。」・・・あれ、結構好きです。(笑)
それにしても、舞台となった島根県は美しい土地ですねぇ。昔、行きそびれた覚えのある土地なのですが、いつか機会を見つけて行ってみようかな!と。(^o^)
砂時計 10代の日々
製作年: 2008年
製作国: 日本
配給: 東宝
スタッフ: 監督・脚本: 佐藤信介
エグゼクティブプロデューサー: 濱名一哉
原作: 芦原妃名子
音楽: 上田禎
キャスト 松下奈緒
夏帆
井坂俊哉
池松壮亮
戸田菜穂
伴杏里
風間トオル
藤村志保




posted by 神之峰 風斎 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月09日

少林少女

少林少女“彼女に日本は狭すぎる。”
監督 本広克行、主演 柴咲コウで送るカンフー・エンターテインメント。

中国 少林拳武術学校での厳しい修行を終えた桜沢凛(柴咲コウ)。故郷 日本へと帰る彼女の夢は・・・少林拳を広める事―。しかし、勇んで帰国した凛が見た物は、廃墟と化した亡き祖父の道場であった。そして、かつて師と慕った岩井拳児(江口洋介)は、何故か中華食堂の店主に収まっていた。訝しがる凛の問いに、岩井は「少林拳は止めた。」と言うばかり。反発を覚え、廃墟の道場で一夜を過ごした凛だが、翌朝になると、岩井の中華食堂で働くaa(キティ・チャン)が朝食を持って訪ねて来た。aaは、一緒にラクロスやるならば、自分も少林拳をやると言う。凛は、ラクロスをやる事を引き受ける―。
その頃、凛を狙う怪しい影が蠢きだしていた―。

物語は広く浅く・・・『少林サッカー』(2001年 香港)のノリにいろいろ詰め込んでみました!てな感じでしょうかね。(笑)まあ、もともと然程深い物を期待していたわけでは無いですし、軽いノリで派手な映像を楽しむ物としては十分でした。しかしまあ、役者は頑張っていましたね。特に柴咲コウ見事!本格的な武道家の域とまではいきませんが、実に素晴らしい映像美でした。この作品、欧米52社からの配給依頼があったとの事ですが、遊び心のある映像は海外受けは良いかもしれませんね。
ところで・・・何気に龍拳爆発!!してね?(?▽?)
少林少女 凛の秘められた力とは?
製作年: 2008年
製作国: 日本
配給: 東宝
スタッフ: 監督: 本広克行
エグゼクティブ・プロデューサー: 亀山千広 /
脚本: 十川誠志 / 十川梨香
撮影: 佐光朗
音楽: 菅野祐悟
主題歌: mihimaruGT
キャスト 柴咲コウ
仲村トオル
キティ・チャン
ティン・カイマン
ラム・チーチョン
岡村隆史
江口洋介



posted by 神之峰 風斎 at 22:42| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

あの空をおぼえてる

あの空をおぼえてる“みんな泣いて、強くなる”
原作 ジャネット・リー・ケアリー、監督 冨樫森。愛する者を失った家族の、悲しみと再生の物語。

穏やかな田園風景の中に建つアメリカン・ハウス。そこには、4人と1匹の家族が住んでいた。父 深沢雅仁(竹野内豊)は写真館を営み、母 慶子(水野美紀)はリトミック教室に勤めている。長男 英治(広田亮平)は内気だが心優しい小学4年生。ちょっとおしゃまで太陽のように明るい長女 絵里奈(吉田里琴)は幼稚園に通っている。残るは、イタズラ者のゴルデン・レトリーバー 金之助だ。いつでも笑顔の絶えない幸せな家族である。
慶子の胎内には、新しい生命が宿っていた。家族は、その誕生を心待ちにしている。しかし、そんな家族に悲劇が訪れる。買い物のため、2人で元気に出掛けて行った兄妹が交通事故に遭ってしまったのだ。英治は生死の境を彷徨いながらも一命を取り留めるが・・・。時がたち、英治は退院する。しかし、家の空気は一変していた。言葉に出来ない想いを胸に秘めつつ、悲嘆に暮れる両親を健気に励まそうとする英治だったのだが・・・。

子供の頃思っていた程、大人は強くなく―、子供の頃を忘れた大人が思う程、子供は弱くない―。意外と互いを知らない物で・・・。それにしても、子供たちの演技、魅せるねぇ!竹野内豊水野美紀と共に在る姿は、本当に普通の良い家族で、う〜ん・・・それだけにグッと来る物がありました。全体をつつむ視線が、とても温かで優しい物語です。ラストに流れる平井堅の歌も、沁みるしねぇ・・・!
出逢いがあれば、いつか別れの時がやってくる・・・でも、その辛さが深い程に、出会えた喜びがあったのだと思う。そんな喜びへの感謝を忘れる事なく、人として成長して行きたいものだな・・・なんてね!(^^ゞ
あの空をおぼえてる 生死の狭間で見たものは・・・!?
製作年: 2008年
製作国: 日本
配給: ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
スタッフ: 監督: 冨樫森
原作: ジャネット・リー・ケアリー
プロデューサー: 古澤寿斗
脚本: 山田耕大
撮影: 中澤正行
音楽: 中野雄太
主題歌: 平井堅
キャスト 竹野内豊
水野美紀
広田亮平
吉田里琴
小日向文世
小池栄子
品川祐
中嶋朋子
高見のっぽ
徳井優


posted by 神之峰 風斎 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。