2008年02月28日

エリザベス:ゴールデン・エイジ

エリザベス:ゴールデン・エイジ“敵は、外にも中にも―
 そして私の心にも。”
前作『エリザベス』(1998年 英)から9年。 ケイト・ブランシェットがエリザベス黄金時代を魅せる―。

1585年イギリス―。エリザベス1世(ケイト・ブランシェット)はプロテスタントの女王としてイングランドを統治していた。しかし、反するカトリック勢力である、国内の半数を占める民、スコットランド女王メアリー・スチュアート(サマンサ・モートン)、そしてスペイン王フェリペ2世(ジョルディ・モリャ)の存在が、日々その治世を脅かしていた。魑魅魍魎渦巻く政情を、エリザベスは知性と策略で切り抜け、その側近フランシス・ウォルシンガム(ジェフリー・ラッシュ)のスパイ組織が陰謀の種を摘み取って行く。エリザベスにとって、唯一安らげるのは、侍女であるベス(アビー・コーニッシュ)との他愛の無い一時くらいであった。そんな中、新世界からウォルター・ローリー(クライヴ・オーウェン)が帰還する。ウォルターの豊かな教養と冒険への渇望の中に、エリザベスは、自分には無い自由の翼を見る。“ヴァージン・クイーン”の誓いを立てたエリザベスだが、ウォルターに惹かれる心は、やがて・・・。

日本では、羽柴秀吉が関白となり、豊臣の治世となった時代。欧州では、スペインが“無敵艦隊”を武器に世界最強を誇り、宗教が政治の中心にあった頃の物語。前作から9年の時は、ケイト・ブランシェットを、黄金時代のエリザベスを演じるのに相応しく成長させた様に思う。女王として、女性としての、知性、威厳、そしてその内面の葛藤を、見事に演じている。まあ、50代を演じるには、流石にちょっとまだ若いですがね!(笑)アカデミー賞で“衣装デザイン賞”を受賞した、絢爛豪華な衣装の数々。なかでも、甲冑姿は凛々しく美しい!また何年かの時を経て、エリザベスの最後を描く、3作目も観てみたい気がします。“ヴァージン・クイーン”エリザベスと、それを取り巻く世の中を描いた歴史絵巻。世界史の1ページに、こんなところから親しんでみるのも良いかもしれませんね。(^.^)
エリザベス:ゴールデン・エイジ 甲冑を身にまとい・・・
製作年: 2007年
製作国: イギリス
配給: 東宝東和
スタッフ: 監督: シェカール・カプール
脚本: ウィリアム・ニコルソン
脚本・製作総指揮: マイケル・ハースト
製作総指揮: デブラ・ヘイワード / ライザ・チェイシン
編集: ジル・ビルコック
衣装デザイン: アレクサンドラ・バーン
撮影監督: レミ・アデファラシン
キャスト ケイト・ブランシェット
ジェフリー・ラッシュ
クライヴ・オーウェン
リス・エヴァンス
ジョルディ・モリャ
アビー・コーニッシュ
サマンサ・モートン
エディ・レッドメイン
トム・ホランダー
アダム・ゴドリー


posted by 神之峰 風斎 at 02:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

浅野忠信残念! 第80回米アカデミー賞

一時は開催も危ぶまれた米アカデミー賞。24日(日本時間25日)、ロサンゼルスのコダックシアターにて、授賞式が無事行われた。

主演男優賞は、『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』のダニエル・デイルイスですかぁ。『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』のジョニー・デップは、またもや受賞ならず。残念!主演女優賞の方は、『エディット・ピアフ 愛の讃歌』のマリオン・コティヤール。う〜ん、何れも日本ではあまり知名度の無い方々ですねぇ。まあ、機会があれば各作品をチェックしてみますかねぇ。
モンゴル外国語映画賞部門のカザフスタン出品作『モンゴル』(セルゲイ・ボドロフ監督)は、惜しくも受賞ならず。浅野忠信を主演に迎え、日本では2008年4月5日公開のこの作品。カザフスタン、ロシア、ドイツ、モンゴルの4か国による合作で、なかなか力の入った作品のようなので、個人的には期待したいと思います。(^.^)

【第80回アカデミー賞受賞結果】
[作品賞]
『ノーカントリー』
[監督賞]
ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン (『ノーカントリー』)
[主演男優賞]
ダニエル・デイ・ルイス (『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』)
[主演女優賞)
マリオン・コティヤール (『エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜』)
[助演男優賞]
ハビエル・バルデム (『ノーカントリー』)
[助演女優賞]
ティルダ・スウィントン (『フィクサー』)
[オリジナル脚本賞]
『JUNO/ジュノ』
[脚色賞]
『ノーカントリー』
[長編アニメーション賞]
『レミーのおいしいレストラン』
[外国語映画賞]
『ヒトラーの贋札』 (ドイツ=オーストリア/ステファン・ルツォヴィッキー)
[美術賞]
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』
[長編ドキュメンタリー賞]
『「闇」へ』
[撮影賞]
『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』
[衣装デザイン賞]
『エリザベス:ゴールデン・エイジ』
[短編ドキュメンタリー賞]
“Freeheld”
[編集賞]
『ボーン・アルティメイタム』
[メイクアップ賞]
『エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜』
[音楽賞]
『つぐない』
[歌曲賞]
『ONCE ダブリンの街角で』“Falling Slowly”
[短編アニメーション賞]
“Peter & the Wolf”
[短編実写賞]
“Le Mozart des Pickpockets”
[音響効果賞]
『ボーン・アルティメイタム』
[録音賞]
『ボーン・アルティメイタム』
[視覚効果賞]
『ライラの冒険 黄金の羅針盤』

posted by 神之峰 風斎 at 02:55| Comment(2) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月23日

妻夫木聡が直江兼続役! 2008年大河ドラマ『天地人』

直江兼続所用甲冑謙信に学び、秀吉に愛され、家康を恐れさせた男―。
火坂雅志原作、2008年大河ドラマ『天地人』。主人公 直江兼続役を妻夫木聡(27)が演ず。

上杉謙信の下、景勝と共に“義”を学んだ兼続。豊臣の時代には、秀吉から“天下を任せるに足る男”と自らの配下に乞われ、豊臣の姓も授けられた。秀吉死後には、関が原の合戦を呼んだとされる“直江状”を家康に送った人物としても知られる。戦国の世にあって、甲冑の前立に“愛”(愛染明王もしくは愛宕権現からという説)に字を掲げ、生涯義を貫き、愛に生きた。また、上杉家が米沢三十万石へ減封となった際の改革は、後の上杉鷹山も手本としたとされる。

上杉家の武将が好きで、上越市や米沢市を訪れる事しばしば。『天地人』の大河ドラマ化に期待しておりましたが、妻夫木聡主演ですかぁ・・・良いかも!身長176cm程あったとされる兼続ですから、ちょっと小柄かなとは思いますが、誠実な感じは合っているように思いますね。期待しています!
8月に撮影開始ですかぁ。来年の放送までには、まだずいぶんと時間がありますねぇ・・・取り敢えず、原作読んでみるかぁ!(^▽^)

posted by 神之峰 風斎 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月19日

母べえ

母べえ “あなたがいたから、すべてを愛せる。”
黒澤明監督のスクリプター野上照代。彼女の幼少時代の思い出を綴った『父へのレクイエム』(現在『母べえ』に改題)を、山田洋次監督、吉永小百合主演で映画化―。

昭和15年(1940年)、東京―。世の中が太平洋戦争への気運を高める中、野上家は、慎ましくも明るく前向きな生活を営んでいた。ドイツ文学者の父 滋(坂東三津五郎)、母 佳代(吉永小百合)、そして初子(志田未来)、照美( 佐藤未来)の姉妹。家族は、お互いに“べえ”を付けて呼び合う、仲睦まじい家族である。今晩も、笑いが溢れる明るい食卓。しかし、翌早朝、事態は一変する。滋が、反戦を唱えたという罪で、治安維持法違反で検挙されたのだ。苦難を迎えた家族のもとに、滋の教え子で、出版社に勤める山崎徹(浅野忠信)が訪れる。不器用ながらも優しい山崎の存在は、家族に忘れかけていた笑顔を取り戻す。山崎、そして親類、近所の人々に支えられながら、家族は、力強く生き抜いて行こうとする。父 滋の帰る日を待ちながら・・・。

反戦映画と言うよりは、時代を伝えた映画と言ったところでしょうか。山田洋次らしい、優しく暖かいタッチで描かれています。時代の流れに翻弄され、周りの良い人たちが戦争へ向かう様を喜ぶ姿は、何気に怖い。その一方で、貧しい時代ながら、現代人が忘れかけている家族の、心の豊かさにホッとし、感動致しました。吉永小百合が、若い娘2人の母親役というのは、年齢的に如何な物か・・・と、観る前は思ったのですが、何の、立派に“母べえ”でした。まあ、良い歳の重ね方をしていらっしゃるのでしょうねぇ。いつまでも、品良く美しい方です。どうもタイトルとダブる笑福亭鶴瓶も、出番は多くないものの、結構良い味出していましたぁ!(笑)ベルリン国際映画祭では受賞を逃しましたが、良い作品を観たと感じられる作品でした。
(^◇^)
母べえ 最後の晩餐
製作年: 2007年
製作国: 日本
配給: 松竹
スタッフ: 監督: 山田洋次
プロデューサー: 深澤宏 / 矢島孝
原作: 野上照代
脚本: 山田洋次 / 平松恵美子
音楽: 冨田勲
キャスト 吉永小百合
坂東三津五郎
志田未来
佐藤未来
浅野忠信
檀れい
笹野高史
でんでん
神戸浩
近藤公園
茅島成美
中村梅之助
松田洋治
赤塚真人
吹越満
左時枝
鈴木瑞穂
戸田恵子
大滝秀治
笑福亭鶴瓶


posted by 神之峰 風斎 at 01:44| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

チーム・バチスタの栄光

チーム・バチスタの栄光“犯行現場は、半径10cm。この7人の中に、いる。”
原作は現役医師 海堂尊。第四回“このミステリーがすごい!”大賞受賞の本格医療ミステリーを、『アヒルと鴨のコインロッカー』(2007年)の中村義洋監督で映画化。

東城大学医学部付属病院の誇る、栄光の7人―。桐生恭一 助教授(吉川晃司)率いる“チーム・バチスタ”は、成功率60パーセントと言われるバチスタ手術に、26連勝という奇跡の記録を打ち立てた。しかし、ここへ来て謎の3連敗。これは単なる事故なのか?それとも・・・殺人!?
事態を重く見た病院長の高階権太(國村隼)は、心療内科部長 有働喜三郎(ベンガル)に内部調査を依頼・・・の、はずが、事の成り行きで部下である田口公子(竹内結子)が引き受ける破目に。とはいえ、通称“グチ外来”の医師である田口に、“探偵”など務まるわけも無く、単なる事故として調査を切り上げようとする。しかし、そこにひとりの男が現れて言い放つ、「これは殺人だ。犯人は、チーム・バチスタの7人の中にいる!」と。男の名は、白鳥圭輔(阿部寛)。院長と古くからの知り合いだという彼は、厚生労働省 大臣官房付技官である。白鳥の余りに破天荒な捜査は、田口を巻き込み翻弄しながら、やがてチーム・バチスタの真の姿を暴き出して行く―。

ちょっと不思議なテンポ。(笑)リアルな医療現場、病院という限られた空間の中で日常を描こうとする工夫が見られ、素人探偵 田口の目線を感じる流れです。手探りな感も無きにしも非ずですが・・・。久々の阿部竹内コンビ。医療を扱う物だけに、ふざけ過ぎてはと思いましたが、ほどほどに抑えた感じ。まあ、阿部ちゃんは期待を裏切らぬ怪演です!(爆)それぞれのキャラの個性が強いだけに、もう少し個々のエピソードなど掘り下げたいところでしたが、それでは連ドラ枠でないと収まりますまいな。映画の枠なればこんなところでしょう。楽しめました!(^^)b舞台挨拶では、続編への意欲も語られた由。もし製作されるなら、また期待してみたいと思います。(^o^)
チーム・バチスタの栄光 栄光の7人
製作年: 2008年
製作国: 日本
配給: 東宝
スタッフ: 監督: 中村義洋
プロデューサー: 佐倉寛二郎 / 山内章弘
エグゼクティブプロデューサー: 間瀬泰宏
企画: 市川南
原作: 海堂尊
脚本: 斉藤ひろし / 蒔田光治
音楽: 佐藤直紀
キャスト 竹内結子
阿部寛
吉川晃司
池内博之
玉山鉄二
井川遥
佐野史郎
田口浩正
田中直樹
野際陽子


posted by 神之峰 風斎 at 02:29| Comment(0) | TrackBack(4) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月12日

L change the WorLd

L change the WorLd Lが変わるか?“Lが変わるのか。世界が変わるのか。”
知られざる最後の23日間。L、最後の敵は・・・人の手で作り出された死神―。

パソコンを通じてFBIを指揮するL(松山ケンイチ)―。事件を解決させたLは、ワタリ(藤村俊二 )に日本へ向かう手配を依頼する。Lは言う、「97%の確立でキラは・・・日本にいます・・・!」そして、脳裏に浮かぶかすかな予感・・・「ここにはもう・・・戻れないかもしれませんねぇ・・・。」
Lが、夜神月(藤原竜也)との決着を決意した頃―。タイでひとつの村が、無常に消し去られる。しかし、消滅した村から、F(波岡一喜)の一命を賭した働きにより、ひとりの少年 BOY(福田響志)が逃される。
天才と天才―。キラとの熾烈な闘いを終えたL。しかし、その代償は余りに大きかった。唯一無二の存在、ワタリを失い、L自身に残された時間も僅か・・・。去来する空虚を振り払うかのように、Lは、ワタリのファイルに残った未解決事件の解決に没頭する。やがて、すべて解決しようとし頃、ワタリに宛てた電話が入る。それは、Fからの“贈り物”。、ヘリで運ばれて来たケースの中には、BOYの姿があった。そして、BOYに託されたFからのメッセージにより、Lは世界を滅ぼしかねない陰謀の存在を知る。
その頃、二階堂真希(福田麻由子)は、父 公彦(鶴見辰吾)の研究所襲撃事件に遭遇する。犯人グループと、父の死を目撃した真希は、タクシーに飛び乗り危機からの脱出を図る。ワタリの助けを求め彷徨う真希もまた、Lのもとを訪れる。
運命のカウントダウン開始。Lが最後に残そうとした物とは・・・?

夜神月との対決を終えた後、夜神総一郎(鹿賀丈史)との最後の対面を迎えるまでの時間を埋める物語。原作にも、映画にも描かれなかった、新たなるLの一面。こんなのLじゃない!と、いう向きもあるでしょうがねぇ。(笑)でも、個人的には結構好き!趣味で事件を捜査して、ゲームをクリアするかのように解決してきたLが、ワタリを失い、自らの死も迫った時に出逢った事件。この事件と、それにまつわる人との係わりによって、人として成長し、生きる喜びを見出す姿は、何処か救い喜びが・・・!まあ、松山ケンイチのLは、ハマっているなあとは思ってはいましたが、原作から通じて、初めて好きになりました。真希とBOYを演じた、福田麻由子、福田響志の2人も頑張っているし、工藤夕貴をはじめとする悪役陣がまた良い味。『デスノート』のシリーズとしては、少々毛色が違った感もありますが、予想以上に楽しめた作品でした!(^▽^)
L change the WorLd Lと真希
製作年: 2008年
製作国: 日本
配給: ワーナー・ブラザース映画
スタッフ: 監督: 中田秀夫
プロデューサー: 佐藤貴博 / 田中正 / 飯塚信弘 / 小橋孝裕
原作: 大場つぐみ / 小畑健
脚本: 小林弘利
共同脚本: 藤井清美
音楽: 川井憲次
キャスト 松山ケンイチ
藤村俊二
工藤夕貴
福田麻由子
福田響志
南原清隆
鶴見辰吾
高嶋政伸
佐藤めぐみ




posted by 神之峰 風斎 at 02:20| Comment(0) | TrackBack(7) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月08日

Lが変わるのか。世界が変わるのか。松山が変わった!?

L change the WorLd『L change the WorLd』の公開を明日に控え、7日東京 有楽町の東京国際フォーラムにてジャパンプレミアが行われた。

監督の中田秀夫をはじめ、主演の松山ケンイチ、共演者の工藤夕貴、福田麻由子、南原清隆、高嶋政伸 等の参加のもとに行われたイベント。
物語は、前作『DEATH NOTE』(2006年 ワーナー・ブラザーズ)シリーズで、キラこと夜神月(藤原竜也)を倒すために大きな代償を支払ったL(松山ケンイチ)が、その残された23日間をかけて、最後の難事件に挑むという物。

会場に現れた松山ケンイチは、20分近くもかけてファンに握手とサインの大サービス。その姿は、さながら『スウィニー・トッド』(公開中)のジャパンプレミアで魅せたジョニー・デップのよう・・・と、思ったら、それを見習ったとか。まあ何とも素直な事で・・・。(笑)
スピンオフである今作は、前作や原作(週刊少年ジャンプ 大場つぐみ、小畑健)に無い、新たなるLの一面が描かれそう。松山ケンイチのハマリっぷりが気に入っているだけに、その活躍に期待します!(^^)b

公式サイト
http://www.L-movie.jp

posted by 神之峰 風斎 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月05日

リアル鬼ごっこ

リアル鬼ごっこ “全国の佐藤さん、貴方たちは余りにも多いので、少し数を減らします。”
累計100万部超。山田悠介の同名ベストセラー小説を、柴田一成で映画化。

事件?事故?自殺!?日本で一番多い姓である佐藤。その佐藤姓の人間が、全国で不可解な死を遂げていた。
そんな中、佐藤翼(石田卓也)は、今日も不良グループから追われて逃走中。グループのリーダーは佐藤洋(大東俊介 )。翼とは幼馴染であったが、いつの頃から仲たがいをしていた。翼は自慢の“逃げ足”で、見事に洋たちのグループから逃げ切る―。
翼の家族は、父 輝彦(吹越満 )と妹 愛(谷村美月)の2人。しかし、輝彦は妻 益美(渡辺奈緒子)を亡くして以来、酒に入り浸り。愛は、生まれながらに言葉も感情も失い、入院生活を送っていた。愛を見舞いに病院を訪れた翼は、その帰り、洋たちのグループに取り囲まれてしまう。絶体絶命。その刹那、不意に訪れた静寂・・・!?やがて、翼の前に異様な仮面を付けた“鬼”が現れる。逃げる翼!そこは、“王様”が支配する見知らぬ日本であった―。

節分の日に、“鬼ごっこ”を観て参りました。走るねぇ!出演者たちの真剣な走りに、一瞬“”を忘れてしまいました。(笑)主演の石田卓也好演していますが、ヒロインの谷村美月熱演も見どころでしょうか。ドラマに映画にと活躍の場を広げる彼女。最近ではCMでも見かけ、今後も期待されます。それにしても、柄本明スケベ親父ぶりは流石です。!(爆)パラレル・ワールドと聞いて、ジェット・リーの『ザ・ワン』(2001年 米)を思い出しましたが、無論、味付けはまったく別。遊び心で観れば、それなりに楽しめました。何しろ、“鬼ごっこ”ですからね!(^▽^)
リアル鬼ごっこ  逃げる翼と洋
製作年: 2007年
製作国: 日本
配給: ファントム・フィルム
スタッフ: 監督・脚本: 柴田一成
原作: 山田悠介
撮影: 早坂伸
アクション監督: 谷垣健治
VFXスーパーバイザー: 小田一生
音楽: 岩代太郎
キャスト 石田卓也
谷村美月
大東俊介
松本莉緒
吹越満
柄本明


posted by 神之峰 風斎 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

節分

今日は節分ですね。

節分とは、四季の始まりの日(立春、立夏、立秋、立冬)の前日の事。現在は、主に立春の前日を指していますが、これは江戸時代頃からのようです。
節分と聞いて、まず思いつくのは豆撒きでしょうか?
節分の夜に、煎った豆を掛け声と共に撒き、歳の数だけ食べるこの習慣。これは、季節の変わり目に現れるという邪気を鬼に例え、それを追い祓う事によって、一年間の無病息災を願うという物。もともとは寺社が行った邪気祓い、豆打ちを起源としているそうです。その掛け声も様々で、“鬼は内”などと意外(!?)な物も。(笑)
柊鰯の習慣などもあり、最近では恵方巻なども広く知られていますね。
魔除けの柊で刺した鰯の頭を戸口に挿す柊鰯。柊は、その棘が鬼の目を刺すと言われ、鰯については、その香が鬼を遠ざけるとか、逆に誘い込むなど、諸説あります。因みに、長野県の下伊那辺りでは、“かにかや”と書いた紙をはる習慣も・・・。これは、かに(蟹)は鬼の首を挟み、かや(榧 )が虫を遠ざける事から来ているようです。
恵方巻・・・何やらいつのまにかに広まった気がしますが、何処ぞの業界の思惑が・・・!?まあ、大阪 船場の辺りから広まったようで、七福神にあやかった七種の具の入った太巻きを、恵方(その年の歳徳神の方角)を向いて食べる事で、無病息災などの願いが叶うという習慣のようです。
その他、全国様々な習慣があるようですね。

さて、世の中の邪気を祓って、気持ち良いを迎えると致しますかぁ!!(^▽^)
posted by 神之峰 風斎 at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。